2017年04月09日

坂東玉三郎特別舞踊公演

友達ご夫婦のご好意で下関市民館で開催された
「坂東玉三郎下関特別公演」に一昨日行ってきました。
前から玉三郎さんの舞台は一度観たいなぁと
思っていたのでとても楽しみにしていました。


坂東玉三郎表紙.JPG

下関公演はこれで5回目だそうですが
地方公演としては多いそうです。
まず一幕は玉三郎さんの口上から始まりました。
60歳は過ぎておられると聞きましたが、
お若くて姿勢のいいこと。
声も若々しくて綺麗ですねぇ。

二幕は傾城(けいせい)
舞台の両脇に長唄、三味線、笛、小鼓、大鼓、
陰囃子の方たち15人が並んでおられます。

吉原の傾城の姿を中心として華やかな、
気品漂う傾城の艶やかなそして古風な風情が漂う
この舞踊は見事なものでした。

三幕は藤娘
藤の花の咲き誇る中へ現れたのが黒塗笠を
被ったたおやかな娘、藤の枝をかたげたこの娘は、
実は藤の精で可憐な様子で踊り始めます。
娘の愛らしさの中に、藤の精の妖艶な美しさと
品格を湛えた舞は玉三郎さんならではのものですね。
衣装替えも見ものですねぇ。
夢の中にいるようなあっと言う間の2時間でした。

素晴らしい舞台の余韻もさめやらぬうちに
市民館を後にしました。

公演は午後2時からだったので、
昼前に出て、大丸の7階でランチを。


下関美帆楼食事.JPG

下関なのでフグですね。
二人とも刺身は駄目なのですがフグは食べられます。
フグの刺身に天ぷら、フグ汁が美味しかったぁ。
ご馳走になりましたぁ。

余談ですがこの春帆楼の本店(赤間神宮の近く)は
初代総理大臣、伊藤博文が初めてフグを
食べられたお店だそうです。

高速に乗って、小野田で降り有帆の喫茶「Tee GebacK」
へ。ケーキと紅茶で一休み

初めて観た玉三郎の舞台、本当に感激してまだ目に浮かびます。
いい時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました。


松富さんのピンクの椿.jpg

お隣で一枝頂き描いてみましたが、花びらの多いのは
苦手ですが、この椿は開ききって今にも散りそうですねぇ(笑)
立体感が出せないのです。

ホトケノザ.jpg

レンゲを描きたかったのですが、探しても見つかりません。
ホトケノザになりましたぁ。

庭の桜.JPG

庭に植えた一本の桜が一週間前は硬い蕾だったのに
アッと言う間に満開に。

posted by お山ばあちゃん at 19:48| Comment(18) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に至福の時でしたね。
玉三郎さんは、品格はもちろんですが、妖艶なまでの美しさがありますね。
 といって私はシネマ歌舞伎のみですが・・・

 昨年の初春が(二人藤娘)で玉三郎さんと七之助さんでした。

 お山ちゃんは、いつも素敵に遊んでおられますね^^
Posted by guuchan at 2017年04月10日 07:57
坂東玉三郎さんの公演に行かれたの
いいなぁ
北九州はないのです
(シネマ歌舞伎もね)
至福の時を過ごされましたね
(大丸懐かしい)


優しい色の椿好きですよ
ホトケノザも道端に何気に咲いてるけど
とっても可愛いですね。
Posted by 風 at 2017年04月10日 09:19
guuchanさん
思いがけず誘ってもらってよかったです。
玉三郎さんは1度舞台が観たいなぁと思っていたので、思いがかなって幸せでした。
ほんと品格があって、妖艶ですよねぇ。

あまり出掛けられませんが、誘われたら行くことにしています(笑)

今日は昼から月曜日会です。
Posted by お山ばあちゃん at 2017年04月10日 11:48
風さん
玉三郎さんの舞台を1度観たいなぁと思っていたので、思いがけず機会に恵まれて
至極の時を過ごしました。
重いかつらや重い着物の重ね着で品よく舞われるなぁと思いますねぇ。
会場は、結構着物姿の方も多かったですよ。
宇部にもシネマ歌舞伎もないですね。

お恥ずかしい、何でもですが立体感が出せませんねぇ。
Posted by お山ばあちゃん at 2017年04月10日 12:03
坂東玉三郎、まだ見たことがないのですが、
綺麗だったことでしょう。驚かれこととおもいます。私の想像ですが (^_-)-☆

描かれた椿、立体感はありますよ。
ホトケノザとは、それこそ難しいモチーフに
挑戦したものですね。しかも、こんなに上手く描かれるとは・・・。
Posted by sibu at 2017年04月10日 16:54
sibuさん
私も玉三郎さんは初めてでしたが、、品格や妖艶さは
素晴らしいですねぇ。
いい機会があって、友達に感謝です。

いやぁ、この椿はあまり花びらも多い方ではないのですがいつも立体感が出ないのですよねぇ。
平面的になりますね。

雑草も可愛いですよねぇ。
Posted by お山ばあちゃん  at 2017年04月10日 17:48
まぁ~下関まで行かれましたか。
道路が整備されてるので1時間くらいで行けるかしら?
目の正月でしたね。
良く実家のばぁちゃんがそういう言い方していました。
お友達は多いと良いことありますね
Posted by 芳子 at 2017年04月10日 18:56
まぁ~お山さん良かったですね(*^◯^*)
玉三郎さんの舞台なんて私だって見れませんよ
ぐーちゃんのおすすめのシネマ歌舞伎で玉三郎さんは拝見した位です
あの声は今でも耳に残っております

仏の座は描いたことが無いけど、優しくて
ホッとする絵ですね(*^^*)
Posted by ルミ at 2017年04月10日 23:35
芳子さん
今高速があるので速いですね。
普通で行くと1時間くらいかかるのかな。

思いがけず、観れて感激しました。
目の正月ね。
友達は色々観に行かれるし、食事処も良く知っておられるので助かっています。
いい友を持って幸せです。
Posted by お山ばあちゃん at 2017年04月11日 06:33
ルミさん
前から玉三郎さんの舞台は1度観たいなぁと思っていたので、実現できて幸せでした。

1度だけですが博多座に市川海老蔵親子の歌舞伎を観に行ったことがあります。

宇部にはシネマ歌舞伎はきませんからねぇ。

レンガが描きたいなぁと思ったのですが
今はないですねぇ。
小さい時にレンガ畑に寝転んで遊んだことを
思い出しました。
レンゲは自然に生えるものと思っていましたが
種をまくのですってね。
今はレンゲ畑、見なくなったですね。
ホトケノザは山ほど生えていますねぇ(^△^)
Posted by お山ばあちゃん at 2017年04月11日 06:47
歌舞伎 大阪に一度だけ見に行ったことがあります♪
イヤホン借りて 見ました♪


レンゲの花も あまり見かけなくなりました
先日ふるさとへ お墓参りに行ったら 畑にレンゲの花が咲いていて とても幸せ気持ちになりました♪ れんげの花 いいですよね♪

見つかりますように(=^・・^=)
Posted by ぽんぽこ at 2017年04月11日 13:54
歌舞伎にフグのランチに
素敵な時間を過ごされましたね。

レンゲはこちらでも見かけなくなりました。
昔は一面レンゲ畑でしたのにねえ。
ホトケノザは畑一面生えてる所があり
遠目から見たら一面紫で
これはこれで綺麗です(笑
優しいお花の絵手紙
お山さんらしくって素敵ですね。
Posted by なお at 2017年04月11日 20:45
ぽんぽこさん
私も歌舞伎は博多座で市川海老蔵さん親子を
1度観たきりです。

ほんと、レンゲ畑は見なくなりましたねぇ。
なかなかレンゲ見つかりませんね。
まぁレンゲ、見つかってよかったですねぇ!

また探してみましょ。
Posted by お山ばあちゃん at 2017年04月12日 07:28
なおさん
思いがけず、いい機会に恵まれ、至極の時を過ごして幸せでした。
やはり下関はフグですからおいしかったですね。

ほんと昔はレンゲ畑に寝転がっていましたねぇ。

ホトケノザは嫌と言うほどあちこち生えていますねぇ。
これはこれで密集しているときれいですねぇ!
Posted by お山ばあちゃん at 2017年04月12日 07:35
こんにちは
舞台にお食事にいいですね

最近歌舞伎舞台が流行っている様です
一度は見て見たいと思っております
絵手紙も素敵ですね
Posted by かぶ at 2017年04月12日 19:36
かぶさん
普通なかなか観られませんので、いい機会で
嬉しかったですね。

食事やお茶するのが何より楽しいかな(笑)

かぶさんのようにはなかなか描けませんが
ヘタがいい、へタでいいと言う事で続いています。
Posted by お山ばあちゃん at 2017年04月13日 09:12
わぁ~~ステキな時間を過ごされましたね。
その前もずっと楽しそうな日々ですね。

私はこのところ家で待機していますが
退屈するということはなく
あっという間の一日です。

お家の前に桜があっていですね。
絵手紙を描く時「一枝ください」って
頼まなくてもいいんですもの。

椿も、ほとけの座もみんなステキです。
Posted by 京子 at 2017年04月13日 20:07
京子さん
思いがけず、玉三郎さんの舞台を見る事が
出来てよかったです。

京子さんは今まであちらこちらと旅をされているので、ゆっくりももいいですねぇ。

ほんと家にいても結構用事があってあまり退屈することないですねぇ。

いやいや、お恥ずかしい。
花びらの多いのは立体感が出せなくて苦手なんですよ。
Posted by お山ばあちゃん at 2017年04月13日 20:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください